• 2019.07.18

仮想通貨業界、今後発展していくのは分散型と中央集権のハイブリットモデル|Liquidコラム①

仮想通貨やブロックチェーンは、メインストリームの金融との距離が近づいていく中でどのような変化を遂げていくのでしょうか。今後は分散型と中央集権型のハイブリットなモデルが、金融において普及していくと私は考えています。 また仮想通貨はさらに市場を拡大していくのか。本コラムではその点についてもお話ししていきます。 栢森 加里矢 リキッドグループ株式会社共同創業者・CEO ブロックチェーンテクノロジーを基盤 […]

  • 2019.07.17

仮想通貨税制改革に懸命に取り組む理由|参議院議員 藤巻 健史コラム

高齢者の方には、まだ多くの方が「仮想通貨はマガイ物」とみている方が多いようだ。私はせめて口座だけでも開いて、1000円でも2000円でもいいから2.3度取引してみることをお勧めしている。否定するのはそれからでいい。以下、その理由だ。 藤巻 健史(Takeshi Fujimaki) 参議院議員 日本維新の会政調会長代行。元モルガン銀行(現JPモルガン・チェース)日本代表・東京支店長。元ジョージソロス […]

  • 2019.07.12

お金も時間と共に価値を失えば、世界は良くなる(後編)|Freewillコラム

前半記事では、お金の仕組みが地球における諸課題の原因であることを説明しました。 前回の記事紹介 なぜ今のお金の仕組みが問題であるのか、過去の事例なども参考にしながら独自の視点から解説しています。 お金も時間と共に価値を失えば、世界は良くなる(前編)|Freewillコラム では、時間と共に価値が減っていくお金の仕組みは人の意識をどのような方向に向けるのでしょうか。そして、その答えをふまえて僕が何を […]

  • 2019.07.10

国内取引所トップが見据える「アセットクラス」としての成長に必要なもの|DMM Bitcoinコラム2

仮想通貨が今後発展していくのに必要なものとは何でしょうか。その問いに対する答えとして、「アセットクラスとしての存在の確立」があります。 また、そのような形で成長を遂げていくとなると、どのようなアプローチが必要となるのでしょうか。 今回は、それらをテーマにお話しを進めていきます。 前回の記事紹介 前回の記事では、交換業者からみた業界のこれまでの流れ、そして2019年の注目すべき点や今後の展望について […]

  • 2019.07.05

ビットコイン(BTC)安全性の確保と価値の担保の仕組み|仮想通貨プロトコルの概要編(3)

本稿は、コラム連載企画の3回目の記事です。前回の記事は以下からご覧ください。 前回の記事紹介 前回の記事では、ビットコインはどのようにデータが管理されているのか、マイニングの基礎知識からワークフローまで解説します。 ビットコイン(BTC)ブロックチェーンとマイニングの仕組み|仮想通貨プロトコルの概要編(2) 本連載は論文の翻訳そのままではなく独自の解説を行っていますが、各章のタイトルには論文と対応 […]

  • 2019.07.04

ビットコイン(BTC)の仕組みは昔の日本に存在した?~「渡来銭」からみるお金の本質と発行元の必要性~

ビットコインが誕生して10年が経ちました。暗号資産(いわゆる仮想通貨。以降、暗号資産で統一します)が通貨とみなせるのか様々な議論もあり、より本質的にそもそも通貨とは何なのか?といったことを私自身も考えることが多くなりました。 私はビットコインを始めとするいくつかの暗号資産は、「お金」として利用できると思っており、その背景を今後コラムでも配信していく予定です。そこでは「お金」の本質について、一般的な […]

  • 2019.07.02

ETH・イーサリアムの調査|DAPPS市場から見る仮想通貨レポート

ビットコインを始め、市場が盛り上がりを見せた5月でしたが、実際のプロダクトはどうなっているのか?今回はETHプラットフォームを利用しているユーザーボリュームから見た市場調査をレポートします! ビットコイン高騰の本当の要因は? 2019年の4月から6月にかけて市場が盛り上がった理由は色々とあると思いますが、ブロックチェーン事業を行っている方々に聞くとこんなことをよく耳にしました。 業界に変わったこと […]

  • 2019.06.06

タイ最大級の銀行がXRP導入に関する発表を示唆

サイアム商業銀行がXRP利用を示唆 タイ最大級のサイアム商業銀行が仮想通貨XRPを利用したシステム導入を示唆した。以前は明確な言及は避けていたが、今回の発言では発表時期に関する温度感の変化が確認されている。 サイアム商業銀行がXRP利用を示唆 タイ最大級の商業銀行でタイ有数の国内資産規模の多さを誇るサイアム商業銀行(以下、SCB)が仮想通貨XRPを利用したシステムの導入を示唆した。先月末に続いてリ […]

  • 2019.06.06

リップル社がスイスに新支社設立|機関投資家への仮想通貨XRP販売が目的

リップル社が新支社設立 リップル社がスイスのチューリッヒに新たな支社を設立したことが、スイスの商業登記ページから判明した。地域に多く存在する機関投資家への仮想通貨XRPの販売を狙っているという。 リップル社がスイスに新たな支社設立 リップル社がスイスのチューリッヒに新たな支社「Ripple Switzerland GmbH」を設立したことが、スイスの商業登記などをまとめたホームページから明らかにな […]

  • 2019.06.06

リップル社のXRP販売量減少の可能性が浮上、価格への影響は?|仮想通貨市場の出来高水増し疑惑を受け

リップル社、出来高水増し疑惑に対応方針 リップル社がビットコインなど仮想通貨市場の出来高水増し疑惑を受け、3つの対応方針を発表。同社が販売するXRP量が減少する可能性も生じている。その理由を業界の背景から解説。 リップル社、出来高水増し疑惑に対応方針 過去数ヶ月間に渡り、仮想通貨市場で取り沙汰されている「出来高水増し疑惑」の問題を受け、米リップル社が対応策を発表した。今回の発表によって、リップル社 […]

  • 2019.06.06

バイナンスの独自ステーブルコイン、発行は2ヶ月後に予定 仮想通貨BNB高騰に影響

バイナンス独自のステーブルコイン2ヶ月後発行予定 Binanceの独自ステーブルコインは、2ヶ月以内に発行する予定であることがわかった。テザーが巨大シェアを有するステーブルコイン市場の改変に取り組むという。 バイナンス独自のステーブルコイン2ヶ月後発行予定 業界最大手の取引所Binanceは独自の英ポンドステーブルコインを2ヶ月以内に発行する予定であることがわかった。米有力誌ブルームバーグ が6日 […]

  • 2019.06.06

仮想通貨XRPを利用するxRapidを導入したSendFriend、今月中にサービスを開始へ

リップル社出資の送金プラットフォーム今月開始へ リップル社の国際送金システムxRapidを活用したクロスボーダー送金プラットフォームが、今月下旬にローンチ予定。米国からフィリピンへ送金する際の手数料削減や送金速度の向上に期待が集まる。 フィリピン特化の送金プラットフォームが稼働開始へ リップル社の送金ソリューションxRapidを活用したフィリピン送金プラットフォームSendFriendが、今月下旬 […]

  • 2019.06.05

BITCOIN SVは「完全な詐欺」Ethereumの作成者Vitalik Buterinが発言

暗号資産の世界の神童と呼ばれるイーサリアムの開発者Vitalik Buterinが、ビットコインSVについて「完全に詐欺」と発言したことが話題となっています。 「明らかにBSVは完全な詐欺行為ですが、Binanceからの上場廃止 – これは面白かったです。それを支持する議論があります、しかしそれからこれが多くの力を行使する集中的な交換であるという議論もあります。」 情報ソース>& […]

  • 2019.06.05

コインチェックがモナコインの取り扱いを6月5日に開始

先日お伝えしたと思いますが、コインチェックは6月5日にモナコインの取り扱いを開始しました。 いつもご利用頂きまして、ありがとうございます。 2019年5月31日に公開しておりました「Monacoin(MONA)」の取扱につきまして、本日より開始致しましたことをお知らせします。 >>コインチェックの公式ブログ   このことによって、ビットコインの大口売買の影響で下落するかと思わ […]

  • 2019.06.04

ビットコイン価格が急落、大口保有者の売買に巻き込まれたとの見方

ビットコイン価格が6月4日突如急落、その原因は? 朝起きたらビットコインの価格が急激に下落していた・・・そんな夢を見た・・・ と思ったら現実だった。   6月4日、ビットコイン価格が突如700ドル近い値下がりを見せたことは結構な動揺を市場に与えることとなりました。 暗号資産は米国景気の状況に左右されやすいため、あれ?米国株が大きく下落でもしたの?とか思ったわけなんですが、下がってはいるけ […]

  • 2019.06.03

太陽光発電によるビットコイン採掘は収益性が高い?

ビットコインを含む採掘可能な暗号資産は、マイニングと呼ばれる行為によって計算されているのはご存知の通りですが、世界的に見て少なくとも大国1国分の電気を消耗するということでマイニングの過熱に否定的な見方があります。 しかし世界の数か所では、太陽光や水力、風力発電を使った採掘が試されています。 例えば日本の熊本県では、風力を使った仮想通貨マイニングファーム事業が去年から開始されたことが話題となっていま […]

  • 2019.06.01

マネータップ事業を年内に?SBI Ripple Asiaはアプリを使ったXRPによる実店舗決済テストを開始!

5月30日、SBIホールディングス株式会社の子会社SBI Ripple Asia株式会社は、スマホ用の決済アプリ「マネータップ」を使った実店舗での決済サービスのテストを開始したと発表しました。 情報ソース>>「Money Tap加盟店決済サービス」実証実験ならびに マネータップ株式会社の「電子決済等代行業」登録に関するお知らせ サービス名は「Money Tap加盟店決済サービス」。20 […]

  • 2019.05.27

フェイスブックCEO 例の件でイングランド銀行総裁と面会!

  フェイスブックのザッカーバーグCEOが、開発中の独自仮想通貨についてイングランド銀行のカーニー総裁と話したことが明らかになった。BBCが24日に報じた。公式発表はないものの各メディアに散発的に報じられているフェイスブックの仮想通貨プロジェクト。今回の報道では仮想通貨の名前や立ち上げスケジュールも明らかになった。 フェイスブックは「リブラ」という名前で仮想通貨プロジェクトを進めてると報じられてい […]

  • 2019.05.27

大手の仮想通貨匿名化サービス、欧州規制当局が強制閉鎖|ミキシングサービスの問題点を徹底解説

押収されたBestmixer.io 大手ミキシングサービスBestmixer.ioが先日、ユーロポールにより強制閉鎖。こうした自体に至った経緯や、ミキシングサービスの問題点、利用する際の注意点を徹底解説。 強制閉鎖された Bestmixer.io 大手ミキシングサービスのBestmixer.ioが、5月22日、ユーロポール(欧州刑事警察機構)によってテイクダウンされた。 出典: コインミキシングサ […]

1 32

Ranking